3月から5月にかけて、札幌のコワーキング施設2か所で開講した『ワークショップ教育論』。
このワークショップ教育論で開講した『能正流教育論』をこのたび旭川のコワーキングスペース
コワーキングスペースあさひかわ37(サンナナ)』でも開講させて頂くことになりました。

今回の講座は現在A EDUCATION PROJECTプロデュースで、様々な人財育成・
プロデュース活動などを進めている『北海道教育ユニットEdu』で新たにスタートする、
『Eduまなびば』として開催致します。

今回開講する内容は以下の通りです。

Eduまなびば
『能正流教育論①~『伝える』『教える』『育てる』の違いを考える~

日 時:2013年6月22日(土) 10時~12時
場 所:コワーキングスペースあさひかわ37
    北海道旭川市三条通7丁目 セブンビル2階
https://www.facebook.com/asahikawa37

参加費:1500円(ワンドリンク付、会場入場料等込)

お申込方法:
●メールにてお申込の場合→info@a-education-project.com
facebookページよりお申込の場合→https://www.facebook.com/events/187560964734781/

(講座案内文より)
札幌のCoworking cafe36・SHEREにて3月から5月にかけて実施された
『ワークショップ教育論』から、今回サンナナにて、『能正流教育論』の講座を
開講させて頂きます☆

札幌にあるコワーキングにてこれからワークショップを開催する方、ワークショップの
集客やリピーターが少ないことに悩んでいる方を対象に企画された講座が
『ワークショップ教育論』。

ワークショップを企画・運営する方は『教える・育てる』仕事に携わる方である、
というスタートライン。これが今回のワークショップ教育論の原点でした。

今回はこの『ワークショップ教育論』でも実施した講座から、『能正流教育論』を開講致します。

今回の教育論は、私自身が20年以上学習指導を行う中で考え、
実践していることから皆さんと共に考える時間。

企業内での人財育成の中ではマネージメント層やトレーニング層など
人財育成に携わる方に研修としても行ってきた内容のひとつです。

では、『伝える』『教える』『育てる』ことにはどんな違いがあるのだろう?

その点に自分なりの明確な考え方を持つことは、様々な場面で自分が持っている技術を
『教え』、そして教えられた方がもっとやってみたいと今までにない一歩を踏み出す
よう『育てる』ことに携わる中で大切なこと。

能正流教育論①では、参加して下さった皆さんひとりひとりの『伝える』『教える』『育てる』
を定義する時間。その定義を生み出すヒント・きっかけとして、『知識を伝えること』と
『教えること』の違いってなんだろう、そして『できるように導くこと』と
『やってみたいと自然と動き出すように引き出すこと』の違いなど様々な視点から
『伝える』『教える』『育てる』の違いについて、分析していく時間。

『伝える』『教える』『育てる』の定義はひとつではありません。
ただ、この定義を明確に持つことは、今後自分の持っている知識や技術を人に説明したり、
教えたり、さらにその人材を育成するときに考える原点になります。

是非能正流教育論を発想のきっかけとして活用してみませんか?
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

【講師:能正 章寛プロフィール】
1978年函館生まれ。中学生の頃から家庭教師として指導を始め、家庭教師・塾講師・ファーストフード店員などのアルバイトで学費を稼ぎながら高校に通う。卒業後経済的な理由もあり大学進学を断念するも、予備校講師などを経て1998年A EDUCATION PROJECT設立。生徒第一主義をモットーに、学ぶ人に合わせた指導実現するべく家庭教師指導や教室個別指導塾の他にも塾のない地域に出張指導する「移動塾」やテレビ会議システムを
活用した「AEPネット塾」など新しい指導スタイルを展開。さらにコールセンターのオペレーター・トレーナー育成、顧客満足度向上ミッション担当、e-learningを活用した職業訓練事業のプロデュース兼トレーナー、現在は大学生向けのスキルアップ講座や、高齢者の方向けにデイサービスにてiPadなどのデジタル機器を恐怖心を持たずに楽しく活用するための講座などもプロデュース。『きっかけ』として学びを活用し、育つ環境を生み出すことを大切にしている。。2013年1月北海道教育ユニット Eduを創立し、プロデューサー/代表を務める。現在はAEPプロデュースのEduにて、Coworking cafe36を拠点に、『教育パワーランチ』『エデュプロ』『高齢者向けアプリ開発』『36サンデーバーテンダーズ』『未来の学習塾プロジェクト』や起業支援など様々なコンセプトのグループのプロデュース及びグループメンバーの才能を引き出し、輝かせるための人財育成を行っている。「まずはやってみよう、やってみてから考えを持とう」というモットーから、20代半ばから本業の傍ら様々なジャンルの仕事にチャレンジしており、周りからも仕事は「倉庫から俳優まで」と言われている。

A EDUCATION PROJECT
http://a-education-project.com/
https://www.facebook.com/aeducationproject