北海道帯広市で開講されている『Tokachi大学』にて、2015年1月に開催される
Tokachi大学 第18講を、北海道教育ユニットEduのプロデューサーであり、
A EDUCATION PROJECT代表の能正が担当させて頂くことになりました。

今回のテーマは『それって伝わってる?~伝える・教える・育てるの違いを考えよう~』です。

以下案内ページからの転載です。
お問い合わせについては、以下の案内ページからお願い致します。

案内ページ

https://www.facebook.com/events/569087046524973/


2015年第1回めのTokachi大学。テーマは「教える」「伝える」です。

人に何かを伝えるのって、なかなか難しいですね。

その難しさを知った上で、より良い伝え方をするにはどうしたらいいのでしょう?

今回、札幌で塾講師をしながら、地域の活性化に取り組む能正章寛(のうしょう)さんをお招きします。

より良い伝え方、考えてみまえんか?

【日時】 2015年1月20日(火)19:00-21:00
【場所】 とかちプラザ(JR帯広駅北口前)研修室306
【定員】 30名
【費用】 1000円(会場代・資料代として)
【主催】 TOKACHI大学
帯広市「市民提案型協働のまちづくり支援事業」対象事業

以下は講師からの内容紹介です。
・・・・・・
『伝える』『教える』『育てる』の違い、考えたことはありますか?

今回は普段実は何気なく使っている、『伝える』『教える』『育てる』の違いを考える時間です。

この3つについて、自分なりの定義を明確にすることは様々な場面で自分の考えや知識を『伝え』たり『教え』たり、
さらに子育てや人財育成など様々な場面で『育て』る役割を担う時に、考えるスタートラインとなります。

講師を務めさせて頂く能正も、この定義を明確にしてから、自分自身の経験を活用・応用して様々な人財育成の場で一歩踏み出すきっかけ作りやサポートができるようになりました。

また、能正が人財育成に携わる時に意識している『人財それとも人材?』の考え方を取り上げ、人財育成に関わる上で大切にしていることを体験談を交えてお話します。

今回は以下のような内容を予定しています。

<前半:ワークショップタイム>
・ひとりひとりの『伝える』『教える』『育てる』を定義してみよう!
~ただし、字数制限があるよ!~

・みんなの定義をグループで披露して、さらにまとめてみよう!
~もう少し多い字数でみんなの定義をまとめましょう!~

<後半:講座タイム>
・『人財と人材~あなたはどちらでみてる?~』
ワークショップタイムで紹介された『定義』、その実践編として能正が人財育成に携わる時に大切にしている『人財』の考え方と、忘れてはいけないけれどつい忘れてしまう大切なポイントについて体験談を交えてお話させて頂きます。

【プロフィール】
能正章寛さん
函館出身。
北海道初のインターネット塾を行うA EDUCATION PROJECTを運営するなど、常に新しい教育の形を提案し続けている。
企業内での人財育成なども担当し、近年は北海道の地域活性化の拠点として、「育てるコワーキング札幌」の運営に取り組む。さらに札幌だけではなく、北見・旭川・当別・東神楽などでも地域人財の育成・地域活性化のプロジェクトが現在進行中。

A EDUCATION PROJECT代表・プロデューサー
北海道教育ユニット Edu プロデューサー
育てるコワーキング札幌 プロデューサー
EduApps LLC. 最高経営責任者
イノベーションズアイ 北海道支部統括・支援機関

詳細プロフィールページ
http://wp.me/P5e7D1-1w